女子を惹きつけてやまないご当地マンホールの魅力とは?

メルマガバックナンバー ももたろう通信 第124回
「一歩近づいたかも??」
2017年12月11日配信

鉄道マニアの女性を「鉄子」
歴史好きな女性を「歴女」
と呼ぶことは、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

最近じわじわ増えているという
「マンホール女子」って聞いたことあります?

ずばり、マンホールの蓋を愛好する女性のこと!!

日本のマンホールの蓋は、いろいろな柄や色付きのものもあって
デザイン性が高く「かわいい」と評判らしいのです。

そして、ご当地マンホールを見るために旅行する人も多いのだとか。
確かにSNSには、たくさんのご当地マンホールがアップされています。

いやぁ~、鉄の蓋だとばっかり思っていたマンホールの蓋。

ご当地ものの中には「ゲゲゲの鬼太郎(鳥取県)」や
「ハローキティ(東京都)」がデザインされているものが。
もちろん色付きで、正直ビックリです!

映画「ローマの休日」で人気観光スポットになった「真実の口」
これも古代のマンホールの蓋だったといわれています。

今年11月には岡山県で第7回のマンホールサミットが開催。
目的は、マンホールの蓋をきっかけに下水道に関心を持ち
理解を深めてもらうためとか。

マンホーラーと呼ばれる愛好家たちのトークや、岡山県内各地の
蓋の展示などがあり、多くの人がマンホール魅力を満喫したそうですよ。

岡山といえば「桃太郎」。やっぱり蓋にも桃太郎のデザインが。
でも、桃太郎だけではありませんよ。

当館の位置する和気町には、施設内にある風車とメルヘントイレ
デザインされている蓋があるのです。
残念ながら、ログハウス周辺にはありませんが、町内のどこかへ
お立ち寄りの際には、ちょっと気にしてみてはいかがですか?

ゴーフレットにデザインされている「マンホールゴーフレット」や
「ご当地マンホールストラップ」、「カレンダー」なども販売されている!!
すごいぞマンホールの蓋。

と、ここまで蓋のことを書いていると、なんだか興味がわいてきたような・・・。
「マンホール女子」に一歩近づいたような・・・。

どこかへ出かけたら、ちょっと足元を気にしてみようかな!?

━…INDEX…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

【1】年末のコテージで忘年会 おすすめです
【2】コテージだからできる宿泊
【3】12月のラッキーデーのお知らせ
【4】周辺観案内
【5】ロマンツェ ニュース

――――――――――――――――――――――――――――――――

(本文中のインデックスは、メルマガに登録後見ることができます)


人気ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ