宿泊のお客様は外国人?気合十分で待っていたはずが・・・

メルマガバックナンバー ももたろう通信 第139回
「お客様は外国人」
2018年10月25日配信

こんにちは。高原の宿ロマンツェです。

「宿泊者の名前はXです。2名の宿泊
お願いします」ここから始まったドタバタ。

予約TELは日本人男性Aさんから。日程
が近かったので料金やチェックインなどを
ご説明。すると、電話の向こうでAさんが

「料金○○。チェックインアウト××、etc・・・OK?」
と英語で通訳しています。

「YES」

「承知しました、予約お願いします。」と
隣にいるXさんに確認しながら全てAさん
が対応。でもAさんは宿泊はしません。

確認のため
「Xさんは、日本語大丈夫ですか?」と伺うと

「少しは。何かあれば私に連絡してきます」と。
・・・少しは?何かあれば私にって、それって
大丈夫じゃないんじゃないの~!?

先ほど聞いたのはXさんの連絡先。念の
ためAさんの連絡先も聞き受付は終了。

さて、当日。Xさんのために英文のご案内
を作り、ログハウス内に英文を貼るなど
お迎えの準備万端。ご到着の時間には、
英語が堪能なOさんがいるから安心です。

ところが夕方、Aさんから連絡が。
「到着がかなり遅れそうです」

「大丈夫ですよ。英文のご案内を用意して
お待ちしていますから」

「ありがとうございます」とAさん。

わざわざAさんからって事はやはりXさん、
日本語は大丈夫じゃないのね。
と確信に変わりました。

宿直スタッフを心配しながらも、かなり遅い
ご到着になるためOさんは対応用のメモを
残し退社。さて、翌朝。
「昨晩は、お疲れ様」

「肩の力が抜けましたよ」

「そうじゃろーなー」

「いや~、それが・・・」

「ん!?」

残された宿直スタッフは気合を入れて
お待ちしていました。予定の時刻、玄関に
人影が。カップルでお越しです。

女性は東洋系の方で日本人に見えるけど、
2人とも日本語はダメなんだよな。
でも、挨拶くらい大丈夫だろうと、
「いらっしゃいませ、こんばんわ」

すると、「こんばんわ。受付します」

「??、えっ、あっ、こちらへお願いします」

すらすらと名前や、住所を漢字で記入。

そうです、女性は日本人だったのです。
そりゃあ肩の力も抜けるわな。
でも、なんで、こうなったのか??

えーあっ、私!?私の思い込みからだ!!
受付電話の時、すっかり2人とも外国人と
思い込んだ私のせいじゃ~~。

みんな、ごめ~ん!!
コントのような出来事に爆笑です♪

人が集まる年末年始。日本語の得意な方も、
そうでない方も岡山のログハウスで世界中
の皆様のお越しをお待ちしています。

━…INDEX…━…━…━…━…━…━

【1】最新空き状況
【2】こんな時どうなるの【日程変更編】
【3】期間限定合宿プラン
【4】岡山の魅力 再発見☆ 周辺観光案内
【5】ロマンツェからのお知らせ

―――――――――――――――――――
【1】最新空き状況

―――――――――――――――――――
◆そろそろ年末の予約も増えてきました
⇒  https://www.romanze.jp/yoyaku/

ご予約はお早めに!

―――――――――――――――――――
【2】こんな時どうなるの【日程変更編】
―――――――――――――――――――
◆お客様から多くある質問にお答えします
⇒ https://romanzelog.info/blog/days/post20181015/

ご参考にして下さいね

―――――――――――――――――――
【3】期間限定合宿プラン
―――――――――――――――――――
◆冬休み・春休みを利用しませんか
⇒ http://www.romanze.jp/gasshukup/item70/
がんばるジュニアを応援しています♪

―――――――――――――――――――
【4】岡山の魅力 再発見☆周辺観光案内
―――――――――――――――――――
◆国宝の講堂と楷の木を中心にライトアップされ
幻想的な美しさが楽しめます。当館から車で約40分。
⇒ https://www.okayama-kanko.jp/event/12705
―――――――――――――――――――
【5】ロマンツェからのお知らせ
―――――――――――――――――――
◆年末は12/30(日)のご予約まで
承ります。新年は1/9(水)からの
営業となります。4月の一般予約受付は
1/9(水)午前9時からです。

―――――――――――――――――――


人気ブログランキングへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ